スタッフブログ
モアなお

追加金額のない家造り!『ハウスモア計画』進行中!

17.12.5.6.png

 

こんにちは!ハウスモアの大西です!

前回のブログで次回は

「構造見学会」と書きましたが

本日も現場に行ってきましたので

家造りの大切な部分Ⅲを

更新します٩(ˊᗜˋ*)و

本日は「断熱」をメインにお見せします✰

 

17.12.5.8.png

 

▲こちらの写真は

断熱材を施工した後の写真です!

前回のブログでご紹介した

「透湿防水シート」の内側に

このように隅々まで

断熱材をつめていきます!

断熱材が入っただけでも

少しだけ暖かく感じました(・∀・)✧

 

17.12.5.7.png

 

▲断熱材をアップで見ると

フワフワしていて感触も

もちろん!フワフワ…(ˊᗜˋ*)

グローバルハウスで使用している断熱材は

「グラスウール」と言う

ガラスを高温にして遠心力で飛ばし

綿状にした断熱材を使用しています(^ω^)

見た目はわたアメのようで

ちょっと美味しそうです…笑

 

もちろん!断熱性能も高く

高温で溶かしたガラス繊維が

複雑に絡み合うことで

空気の部屋を作り出し

この空気の部屋を何層も作ることで

優れた断熱性を発揮してくれます!

 

17.12.5.10.png

 

▲2階にも断熱材がしっかりと入っていました!

写真左下にあるのが、いまから貼る気密・防湿シートです!

気密シート.jpg

▲構造見学会の際には、このように

気密・防湿シートもしっかり貼られた状態で

魔法びん住宅の

冬は暖かく、夏は涼しいお家を

体感していただけます!

 

17.12.5.png

 

▲続いて、こちらは2階のバルコニー!

バルコニーの壁にも

透湿防水シートを貼りしっかりと

保護しています!!

木造住宅には防水は欠かせない

重要な施工のひとつになるんですよ~!

 

17.12.5.5.png

 

▲こちらの写真は家を作る際の

資材をしまっておくテントになります!

このテントがないと大事な建築資材が

雨や風に当たってしまいます・・・(´;ω;`)

 

▼中はこのように整理整頓されているので

お客様をご案内させて頂く際も

自身を持ってお見せすることができます!

 

17.12.5.3.png

 

 

次回予告~構造見学会~

12/10(日) 10:00~

次回こそ!!!

構造見学会のご報告をさせていただきます(^^)

実際にご覧になれるチャンスでもありますので

ぜひ、現場へもお越しくださいね٩(ˊᗜˋ*)و

 

 


▲PAGE TOP

 

17.12.1.11.png

 

こんにちはハウスモア大西です

12月に入り今年もあと1ヶ月・・・

最後まで突っ走っていけるように

精一杯頑張ります

 

そんなわけで、12月1日本日は・・・

前回からの続編

【連載ブログ】お家が建つまでの軌跡

第五弾

~家造りの大切な部分Ⅱ~

 

 

17.12.1.1.png

本日は建物を覆っていたブルーシートも取れ

現場の中も今までとは違いとても

現場が明るくなっていました

 

現場に着いたときには

建物周りに「透湿防水シート」を

貼っている最中でした!

透湿防水シートについては

また後ほご覧頂きますね☆*。

 

17.12.1.2.png

▲まずは…

先日、建物全体の窓の取り付けが

完了しました!!

窓が付くと完成後の想像が

よりしやすくなります!

僕も今日現場に行って

ここはこんな風に使うのかなぁと

想像をしながらニヤニヤしてました…

気持ち悪いですかね・・・笑

 

▼こちらの窓は床から高い位置に

取り付けられているので

窓の下にテレビ等を置く事ができ

スペースの有効活用を

することができるんです!!

17.12.1.3.png

 

グローバルハウスで使っている窓は

従来のアルミ窓とは違い

窓枠が中外両方とも樹脂で作られているため

窓枠自体の温度が

変わりにくくなっています。

その結果冬場に起こる結露

従来のものと比べて極端に

発生しにくくなっているんです!!

ホコリが溜まって掃除が大変だったり

カビの発生原因になったりと

厄介だった結露もこの窓で

解決できちゃいますよ!!

 

17.12.1.4.png

▲こちらは最初少しお話をした

透湿防水シート」の内側になります

このシートどんな役割を

してくれるかというと・・・

 

透湿抵抗(透湿性)

透湿抵抗とは建物内の湿気が

透湿防水シートを通して建物外に

排出される機能です!

 

防水性

防水性とは雨が透湿防水シートを通して

建物内に浸透しようとする圧力に

耐える機能です!

 

簡単にまとめると・・・

外からの雨は建物内に入らないように

建物内の湿気は外に放出してくれるように

してくれるシートなんですね

このシートのおかげで建物の

健康を長い間保ってくれるんです(^^)

 

17.12.1.5.png

▲透湿防水シートの外側です!

 

17.12.1.6.png

▲続いてはこちら!!

構造の中でもとても大事な「梁」です!

グローバルハウスでは幅35cmの

とても太い梁を使用しています

 

梁とは、柱と柱の上を通っている部材で

2階部分の重みを支えてくれるもので

この梁が細かったり、梁をかける

距離が長すぎると2階の重みに

耐えられず梁がたわんでしまいます・・・

床鳴りがしたり、地震のときに家が揺れに

耐えられなくて倒壊なんてことも

起こってしまいます・・・

ですので、グローバルハウスでは

梁の長さは最長3640mmという

基準を設けています!!

この基準のおかげもあり建物の

強度・バランスが保たれているんです!

 

 

17.12.1.8.png

▲現場の玄関には養生をして

家の中へ入らないようにしています!

現場を見に行ったら家の中が

泥だらけ・・・なんてことは

間違いなくないようになっています!!

靴もきれいにそろっていますね٩(ˊᗜˋ*)و

 

17.12.1.9.png

▲建物周りの地面にはシートを敷いて

工事で使う釘などを万が一落としてしまって

土の中に混ざってしまうのを防いでくれます

釘やごみが庭に落ちていたら

怖いですからね・・・

 

▼こちらは各現場に必ず貼ってある

近隣清掃活動規定

大工さんが現場で作業をしている日は

毎日かかさず13時から15分間

近隣の清掃をしてくれています!

こういった心遣いも

グローバルハウスだからこその

ものですよ!

17.12.1.10.png

 

次回予告:12月日
~構造見学会~

 

次回は12月10日に開催されます

構造見学会について

お話をさせていただきます

 

ブログを呼んでくださっている

皆様の中でも

見てみたいという方

いらっしゃいましたら

ハウスモアへお電話ください

 

ご来場お待ちしております(´^ω^`)


▲PAGE TOP

 

こんにちはハウスモア大西です

11月21日本日は・・・

【連載ブログ】お家が建つまでの軌跡

第四弾

~家造りの大切な部分~

 

17.11.21.png

 

朝9:00から現場へ向かい

本日の気温・・・なんと5℃!!

とてもく・・・

僕の姿勢もちょっぴり猫背の写真から

今回はスタートします・・・

 

上棟したての現場ということで

構造の中でも大事な部分を

ピックアップしてお届けします✰*。

 

17.11.21.3.png

 

▲ 上棟後の現場は、ブルーシート

家をすっぽり覆ってあり

雨風が入ってこないようにしてあります!

また、足場の外側にもブルーシートを

張ることによって工事中にでる

木屑や工事の音が近隣の方へ

ご迷惑がかからないようになっています!

 

17.11.21.4.png

 

▲ 現場の中へ一歩足を踏み入れると

このような光景が広がっています!!

 

▼ 現場の1階にはラックを使い

大工さん達が使う工具や釘などを

綺麗に整頓しています。

 

17.11.21.5.png

 

こういった形でいつでも

現場を綺麗に保ってくれるので

お客様をご案内する際も

自身をもって安全にご案内することができます

 

▼ 続いてはこちらの写真

基礎の段階でご紹介しましたアンカーボルト・・・

 

11.7.8.png

 

 実際に上棟後には

基礎と柱を緊結(きんけつ)して

地震が来たときに

基礎から建物が外れないように

支えてくれる役割を果たしてくれます

 

17.11.21.2.png

▲ 実際に緊結されている様子がこちら

 

 

【そして、ここらかが今回最大のポイントです】

 

皆さま、偏心(へんしん)ってご存知ですか?

 

【偏心】とは・・・

重心と剛心のずれのことで

偏心が大きすぎると

建物はねじれてバランスが悪くなり

下の図のようになってしまいます・・・

『 建物の重心(じゅうしん)』・・・重さの中心

『 建物の剛心(ごうしん)』・・・強さの中心

家のずれ.jpg

偏心率が高い数値の場合は

家がねじれるようにして

壊れる可能性があるんです・・・!

とっても怖いですよね・・・

建築基準法では、30%以内と

定められていますが

グローバルハウスはなんとその半分!

15%以内で設計されています!

 

どのようにしてこの偏心率を良くしているのか

グローバルハウスで行っている構造を

今からおみせします!!

 

▼ こちらは筋交いといって木造住宅には

欠かせないとても重要なもので

偏心率にも大きく影響しています!

17.11.21.7.png

 

▼ 通常、家はこのように

17.11.21.8.png

南側に大きな窓をたくさん入れて

北側には小さな窓を入れ

設計されることが多く

北側と南側の壁の量に差が出て

北側が圧倒的に多くなってしまい

偏心率が悪くなってしまいます・・・

 

そこで!!登場するのがこの筋交いです!

南側に筋交いを多く入れることにより

北側に引っ張られてしまうことを防ぐことができ

建物のバランスを良くしてくれているんです!

 

17.11.21.6.png

 

▲ 筋交いはクロスしているものだけでなく

このように一本だけのものもあります!

これは、建物全体をバランスをとる際に

先程のクロスしているものだけだと

バランスが悪くなってしまうので

一本の箇所もあります!

 

構造現場のご案内はオーナー様に

許可を頂いた現場は全て

実際に見ることができるようになっています!

実際に、現場でご自身の目で見て

説明を受けていただくとより安心して

いただくことができます!

 

だからこそ、ハウスモアでは

まず!構造を見て体感していただくことを

モデルハウスにご来場いただいたお客様には

おすすめしています!

 

ぜひ、構造案内開催時は

一度足を運んでみてくださいね!

 

17.11.21.1.png

 

次回予告:11月31日

~家造りの大切な部分~Ⅱ

家造りの大切な部分はまだまだあります!

パートいくつまで行くか

想像もつかないくらいですが・・・!

ぜひ、ご覧ください٩(ˊᗜˋ*)

 

 


▲PAGE TOP

2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12